寝れない人におすすめの野菜|ケールを効率的に摂取する方法

栄養価が高いのがうれしい

ドリンク

緑黄色野菜のひとつである

青汁の主な原料としてよく知られているケールは、アブラナ科アブラナ属に属している、ヨーロッパが原産の野菜です。食卓に上がるキャベツやブロッコリーなどの原種だと言われており、ケルトの人々が栽培していたことからケールと名付けられたそうです。ベータカロテンやビタミンC、食物繊維など様々な栄養素を含んでおり、緑黄色野菜の王様と呼ばれることもあります。キャベツやブロッコリーよりも栄養素に富んでおり、煮込み料理などに利用されることが多いようです。ただ、独特の香りと強力な苦みがあることから、そのまま食用にすることは少なくなっています。含まれているベータカロテンは、体の中でビタミンAに変化し、眼精疲労などに効果もあると言われています。また、ビタミンAには皮膚や粘膜を正常にする作用が認められています。同時に、含まれている食物繊維が便秘解消を促すため、美肌効果も期待できるでしょう。青汁などの健康食品で利用されることが多いケールは、キャベツなどと同じ程度のカロリーです。収穫時期や調理法などにより、カロリーに変動はありますが、基本的には20キロカロリーから30キロカロリー程度となっています。ガンの発症リスクを抑えるという報告もあるので、健康維持のために摂取してみると良いでしょう。また、不眠症の改善にも役立つと言われているので、ケールは健康に関して様々な面からアプローチしてくれる野菜のひとつだといえます。